肘部管症候群
症 状
肘部哲症候群とは?
肘で尺骨神経に圧迫や牽引などが加わり生じる神経の障害をいいます。
麻痺の進行により症状が違います。初期は小指と環指の一部にシビレ感が出現します。麻痺が進行するに伴い、手の筋肉がやせてきたり、小指と環指が変形(かぎ爪変形)をおこします。
 
原因・病態
肘部の内側を叩くと小指と環指の一部にシヒレが走ります。肘部骨折の既応がある場合には×線写真で肘の外反変形がみられす。
×線写真で異常が見られない場合は、他の原因を探す必要があります。
 
治 療
薬物の投与などの保存療法が成功しない場合は、尺骨神経を圧迫しているバンドの切離やガンクリオンの切除をします。神経の緊張が強い場合には、骨をけずったり、神経を前方に移動させる手術を行います。肘の外反変形を手術的になおす場合もあります。
 
 
やさしい医学講座TOPへ
BAR
医療法人 田中外科 〒573-1196 枚方市中宮本町17-10 Phone:(072)848-8623 FAX:(072)849-9617
(C)Copyright 1998-2008 Tanaka Surgical Clinic. All rights reserved.