ヘバーデン結節
症 状
示指(人さし指)から小指にかけ第1関節(DIP関節)が赤く腫れたり、指が曲がったりします。 痛みを伴うことがあります。   動きも悪くなります。
痛みのため、強く握ることが困難になります。   水ぶくれのようになることもあります。(ミューカスシスト)
 
原 因
原因は不明ですが、局所の所見は高齢者に多発する変形性関節症の一つです。
一般に40歳代の人に比較的多く発生します。
 
診 断
第1関節の変形、突出、疼痛があり、×線写真上で関節のすき問が狭くなったり、関節が壊れたり、骨のとげが突出するなど変形性関節症の所見があれば診断ができます。
リウマチとは異なります!
 
治 療
保存的療法
最初に行う治療です。飲み薬、塗り薬、貼り薬、局所のテーピンクなどがあります。
手術療法
上記の方法をしても痛みがとれなかったり、変形がひどくなったりしたときに行います。
 
 
やさしい医学講座TOPへ
BAR
医療法人 田中外科 〒573-1196 枚方市中宮本町17-10 Phone:(072)848-8623 FAX:(072)849-9617
(C)Copyright 1998-2008 Tanaka Surgical Clinic. All rights reserved.